読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切なあなたへ

【大切なあなたへ】
大切なあなた
いつも、いつも、いつも、
どんな時も側に居てくれて
ずっとずっと横に居てるあなた

あなたとの出逢いは
22年前、前の夫と恋人だった頃
友達として逢ったね
それから、前の夫と結婚し
その人からのDVが
親友のあなたにはびっくりする出来事で
わたしの話を何度も聞いてくれた
前の夫、あなた、わたしの親友、わたしの
4人で夜が明ける頃まで話もしたね
前の夫は『この部分が理解でけへんねん』の言葉に
あなたは、『俺全然大丈夫やわぁ~』の一言
それから、前の夫と離婚寸前の頃に
わたしが、もう自分がどこへ行けばいいのかも
わからずさまよっている時に氣が付けば
あなたへ連絡していて、あなたは、
すぐに駆け付けて来てくれたね

わたしが初めて自分から好きになった人
初めて告白した時には
『うれしいわぁ~』って言ってくれて、、、
だけど、この告白はあなたに大きな選択をさせた
親友かわたしか
そして、あなたはわたしを選らんでくれた
あなたと恋人になり
初めてデートした須磨水族館
たくさんたくさんの場所へ行ったね
最初の頃あなたはわたしに
『大事すぎて手が出されへんわぁ~』
って言ってくれた事
何度もケンカした時には、あなたの氣持ちを
4枚も綴り手紙をくれた。
そうして3年の歳月が流れ結婚したね

結婚してからの日々も
ケンカした時、わたしのその他の行動で
あなたを傷つけてきた
離婚の話もたくさん出たね
その度に、結局はあなたがわたしを
包んでくれた

今は結婚して13年
結婚2年目にはプリンを家族として迎え
2人と1匹になり11年の歳月
あなたは幾度も幾度も
その大きな大きな存在で
ずっと横に居てくれた

そんなあなたにわたしは先日も
夫婦であっても言ってはいけない事を言った
それでもあなたは
『俺の中にずっとあるのは真理子やねん
ずっと横にいて俺の考えの横にある 』
普段無口なあなたが言う言葉は大きい
あなたが今どんなにしんどくても
ただただ側に横に居てるだけで伝わってくる
その大きな存在に一昨日の事を謝っても
ただ、ニヤって笑って
いつも、みたいにお話ししたね
いつも、まんまのあなたで
いつも、大きな愛で
いつも、働いてくれている
誰よりも家族の為に

わたしにいつも、見せてくれている
愛とは
ただ在るとは
信頼するとは
守り続けるとは
働くとは
継続するとは
家族とは
人と成りを見せてくれている

わたしから今のわたしは
ありがとう
愛しています
これ以上の言葉がみつからない
言葉では表現できないよ大きいすぎて、、、

だから、大切なあなたへ 愛を込めて
ありがとう
愛しています



この事を
この大きな大切な存在の愛を知れた
きっかけになった二人の友に
ありがとう。